大阪の訪問介護のハストワサイトトップ
介護保険サービス利用対象者
Home >> 介護保険制度 >> 介護保険サービス利用対象者

どんな人が利用できるか・できないか

(このページの情報は2010年度現在のものです)介護保険サービス利用者とは

 

介護保険は日本国内の40歳以上のすべての国民が利用可能。
ただし、64歳までは利用条件がかぎられています。

 

また、介護保険には適用除外者というのがきまっていて、それは下記の通りになっています。

 

1.国内に住所のない人

 

2.在留資格1年未満の外国人

 

3.身体障害者療護施設等に入所している人

 

 ア:重傷心身障害児施設

 

 イ:厚生労働大臣が指定する医療機関(当該指定に係る治療等を行う病床)

 

 ウ:心身障害者福祉施設

 

 エ:生活保護法に規定する救護施設

 

ページトップ

加入は義務づけられています

介護保険制度とは一般的に、保険制度には「保険者」と「被保険者」がいます。

わかりやすくかんたんにいうと、「保険者」とはサービスの提供者であり、「被保険者」とはサービスを受ける者となります。

 

現在の介護保険制度では、被保険者を「40歳以上の日本国内に住所を所有する人」と定義しています。そのため、所定の条件を満たしていれば在日外国人でも介護保険サービスに加入することができます。

 

介護保険に加入するためにとくに手続きの必要はありません。ただ、国が定めた公的な保険制度のため、40歳になれば、特別な場合(適用除外)をのぞき、誰もが加入することを義務づけられています。

 

一方、保険者は各市区町村となり、被保険者の資格の認定・管理や、保険料の徴収、サービスの提供などを行っています。

 

 

 

 

介護保険サービスを利用できる人は・・・?

■第1号被保険者

65歳以上で、要支援・要介護認定を受けている人。

 

要支援・要介護認定を受けていない人は、サービス利用不可となっています。

■第2号被保険者

40歳~64歳で、特定疾病により要支援・要介護認定を受けている人。

 

要支援・要介護未認定または特定疾病外の人は、サービス利用不可となっています。

※もしわかりにくい点があれば、お気軽に有限会社ハストワまでご連絡ください。