大阪の訪問介護のハストワサイトトップ
介護保険サービス利用対象者
Home >> 介護保険制度 >> 後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

(このページの情報は2010年度現在のものです)

 

後期高齢者医療制度とは何か。

後期高齢者医療制度についてよく理解していますか?介護保険制度を考える上で知っておきたいこととして
「後期高齢者医療制度(長寿医療制度)」というものがあります。


この制度は、平成20年(2008年)4月からスタートした医療制度で、
これまでの日本にはなかったまったく新しい制度です。


特徴的なことは、75歳以上の高齢者を「後期高齢者」と呼んで、
一定の対象層として独立させ、新しい保険システムのもとに
組み入れた点です。


介護保険同様、75歳になった段階で強制的に自動加入され、
「後期高齢者」の年齢を迎えた段階で、
これまでの老人保健医療受給者証や
被保険者証は使えなくなってしまいます


保険料については世帯単位で計算される国民健康保険とは異なり、
後期高齢者医療制度では「個人単位で」計算されるため、
注意が必要です。


年金給付を受けている人は、年金支給分から年金の支払期ごとに、
原則として該当分の保険料が自動天引き(特別徴収)されて、年金の手取額が減ることになります。


このような医療制度ができた背景には、高齢化社会にともなって「医療費の大幅な増加」があり、
今後さらに医療費の増加が見込まれることがあります。


しかしながら、有権者でもある中高年齢層の国民からは、あまり評判のよくない制度のため、
いずれ改正されるかもしれません。

ページトップ

65歳~75歳でも適応される場合があります

後期高齢者医療制度は前期高齢者でも適応される場合があります。なお、65歳~75歳未満の高齢者は
前期高齢者」と呼ばれています。


また、65歳以上75歳未満でも 「寝たきりなどの一定の障害がある」
と広域連合から認定された方は、この新制度に含まれ、
後期高齢者医療制度」の被保険者となります。
(「障害認定の申請の撤回」を申し出て 認められた場合は除きます)


被保険者が国民健康保険の加入者の場合には、
脱退の手続きをする必要はなく、
自動的にこの新制度に移行されます。


健康保険の場合も自動移行となっているのですが、
脱退手続きについては、念のために
保険者(健康保険組合など)に問い合わせる方がよいでしょう。

 

※もしわかりにくい点があれば、お気軽に有限会社ハストワまでご連絡ください。